Coco sora




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
『仕事』 について   :: 2012/12/04(Tue)



先日の休みの日に、なんとまあ久し振りに、
「朝風呂」 してみた。

冬本番が近づいて、グンと寒くなったからかな、?
血流が悪くなったのか、肩コリが直らなくなった。
これまでは、夜寝たら朝には肉体疲労が取れる人だったのですが。
最近は朝起きてもガチガチしてる。
て時には、 あったかいお風呂、

・・・ 気持ちーーなぁァァ!!。

肩こりが(一時的に)、劇的に改善される、 笑



1年くらい前から、
“継続的に考えをまとめてた”ことがあって。
それを少し、記録のためにも。
綴っておこうかと。

つまり、人って、自信があるかないかで
その毎日の過ごし良さとか、パフォーマンスが変わるんだよな。
現在、いっかが生まれて、4年と2ヵ月ほど。
最初の3年は、そりゃまあ、キツかったな。
特に気持ちの面でね。


:::

子どもが生まれると、女性なら、専業主婦になるか
外で働くかの選択があるわけですが。
私は自分の性格や嗜好をふまえて、
迷うことなく 専業主婦を選んだ。
ほぼ直観だろうな。

私の2大・性格。
完璧主義なところがある(=というか、融通が効かない)点と、
せかされるのが 嫌い。 (=極めたマイペース。)

そこに、もし外で働いた場合、
誰がどう考えたって
家事・育児・仕事、
すべてを完璧にこなすのは 絶対に無理だから。
でもって、外で働いたら絶対
時間に一層、追われることになるから。


その2つが絶対だとわかってて、
しかもその2つは、自分にとって「至上最高」に
イヤなこと、 苦手なことだとわかってて
その上で【外で働く】って選択は

ないな。

ないわ。 笑


もひとつ、大きな理由として
私はそもそも、「外で働くこと」の実質的な意義は
「お金を稼ぐこと」(生活の糧を得ること) と、
考えるタイプで。
例えば「人としての成長」などを、
外で働くことに求めたりしないタイプだ。

家で主婦しようが 外に出ようが、自分はいくらだって
まだまだアホみたいに成長できる、 と
思ってたから。
だから自分にとっては、何の間違いもなく、
専業主婦(、ってか専業育児)が正解だなと。
わかってた。

んでもいざ始めてみると、 しんどいんだわ。
これが。 笑

いっかの場合は、3年近く、朝・昼・晩問わず
寝かせてくれなかったから。そもそも。
体の疲労はもう、仕方ない。当然のこととして。w
じつは、気持ちの面で大きな圧力になってたのは、
『 専業で主婦をすることに、誇りを持ちにくい 』、
ってことだった。
というのも、自分の周囲(友人知人)で
私以外には、専業主婦が1人もいなかったから。

1人もいない となるとね、 それはま、
ストレスにもなる(考えさせられる)わけで。笑
いわゆる、社会的な圧力ってやつかな?、
いや、誰かに何かを直接言われたわけでもないんだけど、
考えちゃうんだよな。
専業で主婦やってちゃ、『ダメ』、
なのかな。  ってね。

例えば 政府だって、
「女性も外で働こう!(・・・・・てか働けよ、)」
って言うしね。
他の国でも、女性は外で働いて当然な感じで。
かたや、“専業主婦の素晴らしさ” が謳われる事は、
ほとんどない。

気にしぃの私からすれば、
『見えない視線』、
( =うーーわ、働いてないんや。あの人。・・・的な視線、w)
が、
痛すぎた。  笑!

なにより、他人の視線よりも、
肝心のダンナさんに、そう思われているんじゃないかと。
それが1番、キツかったかな。 ^_^

***

しかし、いっかが3歳を過ぎて、
夜にきちんと寝れるようになってから(笑
私の肉体疲労もほとんど治まって。
気持ちにも、落ち着きが出た。
で、そこでようやく、気がついた。
大きな事実。

上記に挙げたような 『視線(圧力)』 なんてものは
ほとんど全部、自分が創りあげたストレスだな、とね。


*****

仕事ってのは そもそも、
「誰かの役に立つことをすること」 で。
私の場合、
まずは最も身近な、ダンナさんといっかの役に立つこと。

「その2人が、毎日をすこぶる元気に過ごせるための、すべての条件を整えること。」

これは立派な『仕事』、 なんだな。

・・ で、少し話を拡げれば
いっかが思いやりのある子に育ってくれて、でもって
ダンナさんが元気に外で 『仕事』 ができればそれは
間接的に、誰か彼かの役に立ちそうだし。 私も。

*****

・・・夜泣きから解放されて、
でもって、いっかが少し賢くなってくれたおかげで、w
私の脳みそに少し、余裕が生まれて。
やっと、冷静さを取り戻して。
自分を否定したり、自分を蔑(さげす)むことが
無くなった。
つまり、 自信を回復した。
「 あ、私、やっぱり専業で主婦やっててもいいんだ?!
あそうか、そうか。 ww、 」

とね。 ^▽^、っ、っ。 (←ヘコんでた自分にウケている。)

自信を回復して、
「これが私の 『仕事』 なんだ、」 と、思うことで。
いまや 皿ひとつ洗うのも、

ものすごいモチベーション、 笑



:::


正味、その家事も、出来ないことは山ほどある。
実際のところ、いくら成長したとはいえ、 娘、4歳。
まだまだ、 ダメだ。 笑
私がこれまでの人生で持てていた、『私のペースで動く』、
『私のしたい事をする』、 etc.....
そんなのは  ホントに無理なんだ。
チビッコと過ごしてると。

だから、家事の仕上がりだって、
自分の理想からは 程遠くなる。
「ここまではクリアしたい、」っていうラインの達成が
ひときわ、困難。

しかし私の場合、 ひとしおラッキーだったのは
ダンナさんの理解が深くて。
私の不出来を、許してくれてるんだよな。
受け入れてくれてる。
(畏れ多いことに、感謝すら、してくれる。・・・;。)

だから、 自信を失わずにいれる。
ありがたいことだ。



・・・・・てことでね、 人って
自信、 必要ですよ。!
これがないとまず、
カラダが上手く動かないもんね。


『自信』というと、 まあえらく抽象的ですが
「かがくてき」に言うと、
要は、 『脳みそ』 の問題だよな。


人のカラダは、脳みそからの指令(信号)で動くわけで。
「私って、これでいいんかなぁ、 てか
ダメなんじゃない;?!?、 いや、ダメだよね?、...」

って思うと、 当然。あたりまえだ。
カラダは上手く動かない。

で、逆も然り。


「 うーーーーわ。  私、これでいいんや。 」
なんて思った暁には、

脳みそからの指令は 『いけいけゴーゴー』 だ。 笑
なんとも、軽やかに動く動く。カラダが。 w
気持ちもブレない。
冷静でいられる。 (強く理性が働く。)





ただ、上記は全部、『体力が回復してから』、
気持ちも落ち着いたからこそ、考えられたことで。

産後、
そして乳飲み子(かつ夜泣き子)抱えた真っ最中は
やっぱり、
カラダの不調と疲労が大きすぎて。
そんな冷静に、開き直ったりは出来なかったんだ。ゞ

 
ともあれ、3年。 ツラかったけども
とりあえず(自信を)回復できてよかったよかった。 笑

ダンナさん、いっか、そのほかたくさんの人々の
おかげなのです。
ありがたいです。









スポンサーサイト
  1. 思うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
先輩のはなし :: 2012/08/04(Sat)







“ 生きものはみな、自分が傷つけられることを恐れる。 ”


お釈迦さんが残した(といわれる、) 言葉。
深く同意。


でもって、お釈迦さんは続ける。


“ 自分が傷つきたくなかったら、まずはあなたが人を傷つけないことだ ”


ってね。



物心つく頃から、何度も、どこかで、誰かに教えられたこと。
“ 自分がされて嫌なことは、相手にもしちゃいけない。 ”
これだな。





 :::




たまにいるんだ。
平気で、誰かを傷つけられる人。
上記↑↑の事実を、知らない人。


その人は、相手がその人の希望に添えなかったり、
相手がその人の要求に応えられなかったり。
相手に競争心を感じて、 だったり。
なにしろ、相手が、その人の理想や欲に添わない行動をとると

まるで鈍器か鋭利な刃物か;! ・・・という言葉を
惜しげもなく、
相手にぶつけられる。 そういう人だ。


そんな風に傷つけた相手からは、
愛想をつかれるだけだということを。
知らない人。

かわいそうな人。


怒りや嫉妬などの感情から、
自分を律することができなくて。そして、
相手の考えや事情を思いやることができずに。
いとも簡単に、
思慮のかけらもない、 鈍器や刃物のような言葉を
相手に投げつける。
その結果、相手からの信頼や友情、その他諸々を失う。

それも、自業自得のひとつだ。




:::




お釈迦さんは、人から好かれる為の方法の1つとして、
「ペイヤワッジャ」 を挙げている。

スリランカの、あるおじいちゃんがそれを説明している。


“ 腹がたったときでも、相手をけなさないように、
プライドを傷つけないように言葉を選ぶことです。

誰かを叱らなければならないときでも、相手の人格を大事にして、
人間としてのその人の立場を、大事に守りながら叱ります。

自分の子どもであろうが部下であろうが、同じ人間です。
相手が傷つく言葉を使ったら、叱った人のほうが間違っているのです。
誰でも失敗するのですから、失敗を怒ることができる人はいないはず。
怒って叱りつけるのではなく、
「間違いを正してくれて優しい人だ」 と、相手が感謝してくれるように
教えてあげるのです。 ”



逆をいえば、それが出来ない人は
間違っていて。 人から好いてもらえない、 てことだ。




:::



・・・ ただね。 この広い世の中。
いろんな考えの人がいるから。
中には、「別に、誰かに傷つけられたって構わないので、
自分だって、
腹が立ったり嫉妬に狂った時は、それを思う存分、
相手にぶつけても構わない!」

そう思う人が、いるんだろうな。 ・・・たぶん;。笑


だから別に、私は今ここで
『 そのお釈迦さんの教えが、絶対、唯一無二の真理だ! 』
と、主張するつもりは無いのですがね。 まったく。 笑
何が正しくて、何が間違ってるか、実際のところ
それはわかんないし。^^;



ただまあ、この関しては、お釈迦さんと意見を同じくするので。
相手をバンバン、 躊躇なく、傷つけられる人とは、
気が合わないってことで。
縁を切るか、あるいは、
今後、心を許すことなく。ただ丁寧に、その人に接するだけだ。
(その人の逆鱗に、触れないためにね♪)



最近考えていたことを、文字にまとめてみました。
そんな、日記。








* * *  ちなみにね;、(追記;)




お釈迦さんの言葉を集めたもの、つまり仏教は、
「宗教」では、なくて。

私も幼い頃は、てっきり、宗教のひとつだと思ってたけどね。
でも、実は違うんだって。

それは、神さまの話はしない。
ギリシャ神話のようなものでもない。
哲学でも、ない。
少し前に日本で流行った、スピリチュアルな話もしない。一切ね。


ただ、「この世をうまく過ごしていく術。」
お釈迦さんは、ただそれを示しただけだ。
私より、ずっと前に生まれた、ただの人。 先輩で。
自分の心のコントロールの仕方を、よく知ってる人だ。


せちがらい世の中でも、穏やかに、
心地よく過ごせる術があるんだぜ? と。
それを、知ってた人。



だからね。たまに、その先輩の話を参考にさせてもらう。
それだけのことで。
仏教という宗教を盲目的に信じている、とか、
そういう事ではないんだな。 正味。

尊敬できる先輩は、お釈迦さん以外にも、山ほどいるしね。



以上。 「あ、私、仏教徒ではないんです;。」

という、 注意書きでした。   











  1. 思うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
フラペチーノ :: 2011/07/10(Sun)





フラペチーノが好きだ。きっと昔っからあの感じ(あの感じね、)が
好きなんだろな。


っても、フラペチーノ なんてカッチョイイ名前を認識したのは、
だいーーぶ大きくなってからですね。
小っさい頃は、“フローズン” てやつを 街中でよく見かけたもので。
(今も時折、見かけますがね。)
それを好んで、よく買って飲んで(食べて?)ましたね。


そして、十分に大きくなった今。 夏。 
私は結構、冷房が苦手なので、家の中ではあまり冷房をつけなくて。
そこで重宝するのが、フラペチーノのあの感じだ。
もっそい冷たいから、食するとカラダの中から 『カッキーーーーンッっっ...』

てね。冷やしてくれるのですね。
だから、家に居てもいつでも食べれるように、冷凍庫の中にいろいろ仕込みます。夏は。
マンゴーを凍らせておいて、それをマンゴージュースとオレンジジュースと氷と一緒に
ミキサーで 『ガーーー・・』 と。 それで、マンゴーのフラペチーノ、ってことで。

濃い目のコーヒーを凍らせておいて、牛乳(か豆乳)と氷とシロップでガーっとやったり。
チャイや抹茶を凍らせておいて、それを同上の牛乳etc と一緒に ガーっとやったり。



家でいつでも食べたいっ、ていうのと、
生来、エコ(この場合、“エコノミー”です。)な性格なので。
こういう細かい作業が苦ではないのでしょう。
コーヒーはドリップしたものや、
インスタントのキャラメルマキアート等を使う時など、様々で。

ほんとは(店では)、コーヒーや抹茶は凍らせたものではなく
液体のまま 『ガーー』 とやるようですが。
家のミキサーで作る場合、
凍らせたものを使うほうが “あの感じ” が出やすいように思います。




・・・。

日記に記しておきたいことが、他にたくさんある(ような気もする)のですが。
パソコンを触ってると、いっかがすぐに、ちょっかいかけてくるからね。
22時57分現在。いまだ元気に起きてはりますからね。娘。
あまり、というかほとんど頭を使わずにかける内容の日記となりました。b


梅雨も明けたそうで。  今年はどのくらい 暑くなるかな~ 








  1. 思うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
今日の日記 :: 2011/06/09(Thu)





なんだろなぁ・・・? すごく落ち着いた;ゞ。
今日は、会いたかった人にやっと会えたからかな。?。


なんと言ったらいいのか思いつきやしないのですが、
・・・ むりやり言葉にしてみると;、
「体のどこぞ(?)に付いてた傷(??)みたいなのが、ぺたぺたと、埋められて。深く落ち着いた、」
・・・。 みたいな?;。



ほんとはいろいろ、書きたいこといっぱいあるけど。
なんだかうまく書けないし。もう眠たくなったし。
寝よっかな。
ありがとう。 おやすみなさい・・  












  1. 思うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。