Coco sora




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
先輩のはなし :: 2012/08/04(Sat)







“ 生きものはみな、自分が傷つけられることを恐れる。 ”


お釈迦さんが残した(といわれる、) 言葉。
深く同意。


でもって、お釈迦さんは続ける。


“ 自分が傷つきたくなかったら、まずはあなたが人を傷つけないことだ ”


ってね。



物心つく頃から、何度も、どこかで、誰かに教えられたこと。
“ 自分がされて嫌なことは、相手にもしちゃいけない。 ”
これだな。





 :::




たまにいるんだ。
平気で、誰かを傷つけられる人。
上記↑↑の事実を、知らない人。


その人は、相手がその人の希望に添えなかったり、
相手がその人の要求に応えられなかったり。
相手に競争心を感じて、 だったり。
なにしろ、相手が、その人の理想や欲に添わない行動をとると

まるで鈍器か鋭利な刃物か;! ・・・という言葉を
惜しげもなく、
相手にぶつけられる。 そういう人だ。


そんな風に傷つけた相手からは、
愛想をつかれるだけだということを。
知らない人。

かわいそうな人。


怒りや嫉妬などの感情から、
自分を律することができなくて。そして、
相手の考えや事情を思いやることができずに。
いとも簡単に、
思慮のかけらもない、 鈍器や刃物のような言葉を
相手に投げつける。
その結果、相手からの信頼や友情、その他諸々を失う。

それも、自業自得のひとつだ。




:::




お釈迦さんは、人から好かれる為の方法の1つとして、
「ペイヤワッジャ」 を挙げている。

スリランカの、あるおじいちゃんがそれを説明している。


“ 腹がたったときでも、相手をけなさないように、
プライドを傷つけないように言葉を選ぶことです。

誰かを叱らなければならないときでも、相手の人格を大事にして、
人間としてのその人の立場を、大事に守りながら叱ります。

自分の子どもであろうが部下であろうが、同じ人間です。
相手が傷つく言葉を使ったら、叱った人のほうが間違っているのです。
誰でも失敗するのですから、失敗を怒ることができる人はいないはず。
怒って叱りつけるのではなく、
「間違いを正してくれて優しい人だ」 と、相手が感謝してくれるように
教えてあげるのです。 ”



逆をいえば、それが出来ない人は
間違っていて。 人から好いてもらえない、 てことだ。




:::



・・・ ただね。 この広い世の中。
いろんな考えの人がいるから。
中には、「別に、誰かに傷つけられたって構わないので、
自分だって、
腹が立ったり嫉妬に狂った時は、それを思う存分、
相手にぶつけても構わない!」

そう思う人が、いるんだろうな。 ・・・たぶん;。笑


だから別に、私は今ここで
『 そのお釈迦さんの教えが、絶対、唯一無二の真理だ! 』
と、主張するつもりは無いのですがね。 まったく。 笑
何が正しくて、何が間違ってるか、実際のところ
それはわかんないし。^^;



ただまあ、この関しては、お釈迦さんと意見を同じくするので。
相手をバンバン、 躊躇なく、傷つけられる人とは、
気が合わないってことで。
縁を切るか、あるいは、
今後、心を許すことなく。ただ丁寧に、その人に接するだけだ。
(その人の逆鱗に、触れないためにね♪)



最近考えていたことを、文字にまとめてみました。
そんな、日記。








* * *  ちなみにね;、(追記;)




お釈迦さんの言葉を集めたもの、つまり仏教は、
「宗教」では、なくて。

私も幼い頃は、てっきり、宗教のひとつだと思ってたけどね。
でも、実は違うんだって。

それは、神さまの話はしない。
ギリシャ神話のようなものでもない。
哲学でも、ない。
少し前に日本で流行った、スピリチュアルな話もしない。一切ね。


ただ、「この世をうまく過ごしていく術。」
お釈迦さんは、ただそれを示しただけだ。
私より、ずっと前に生まれた、ただの人。 先輩で。
自分の心のコントロールの仕方を、よく知ってる人だ。


せちがらい世の中でも、穏やかに、
心地よく過ごせる術があるんだぜ? と。
それを、知ってた人。



だからね。たまに、その先輩の話を参考にさせてもらう。
それだけのことで。
仏教という宗教を盲目的に信じている、とか、
そういう事ではないんだな。 正味。

尊敬できる先輩は、お釈迦さん以外にも、山ほどいるしね。



以上。 「あ、私、仏教徒ではないんです;。」

という、 注意書きでした。   











  1. 思うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ぎゅうにゅう | top | 雨なのでお家時間 >>


comment

なんとぉ 、 ゆりちゃん ;・・・・・・・・・・・。

そんな、ゆりちゃんに、そんな風に言ってもらえる、
私じゃないのに 。 ・・・・・・・・

こっちがありがとう 。。。
泣きそうになった;。。


(この日記を書いた理由もね、
ゆりちゃんにありがとうって言ってもらえるような、そんな、素晴らしいような理由ではないんだ。

・・・その理由、少しだけ書こうとしたけど
めっちゃ長くなりそうやから止めときます!!!笑;!

今度、 こんど、
また聞いてください。 ^▽^!!!v-18

  1. 2012/08/04(Sat) 23:22:51 |
  2. URL |
  3. ヨシコ #b4yAt90Q
  4. [ 編集 ]

ありがとう お姉ちゃん。 大好きです。
  1. 2012/08/04(Sat) 17:35:25 |
  2. URL |
  3. ゆり #haYG0NoI
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shunpoo35.blog51.fc2.com/tb.php/76-2c04f110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。