Coco sora




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
秋じゃん4歳じゃん。  :: 2012/08/27(Mon)







あ゛あ゛!


・・・・・ 痛かったぁぁ 、。。。 ...夏カゼ;。

いっかのが移って、先週1週間、
完全な引きこもりだったあ゛ーぁ;。
だいぶ高い熱が出て寝込んだら、
ひと晩で体重が1.6kg減って。
(もちろん、先行のいっかも発熱で顔がげっそり、笑、
て笑っちゃいけんね;!! じつの親がね;!)


その後、全身の至るところに
針とか釘というより 杭 が刺さっているような。
痛重(イタオモ)さ。
あまりの不自由に、
精神的にも少なくないダメージを受けた! 笑

昨日までは、どうみてもグッタリしてたけど。
今日、復活かな。
カラダも気持ちも軽い!




さてー。  ・・・
そろそろ、夏休み(8月)も終わりか。 ・・・。

今日は朝から めいっぱい遊んだので、
いっかは現在、気持ちよさそうに昼寝中。


リビングで、クレヨンを持ちながら
お絵かき帳に つっ伏して寝てしまったもんだから。
抱っこで、布団まで運びましたがね。
そっと置かれたいっかを間近でみて  ふと気付くと、


もうすぐ4歳だ。


8月が終わって、9月を迎えたら。
いっかの誕生日も、もうすぐだ。


こいつは困った。





:::




三つ子のたましい、百まで  とか言うけど。
3歳まではね。 何か、特別感があったというか。
なにぶん、幼児だし。
大目にみてきた面が、たくさんある。

でも、4歳。 4歳ともなれば、
これまでよりもずっと、
身につけなければならない事が増えるな。
社会性の面でね。


いろいろ教えるために、叱るために
怒鳴らなきゃならん場面が、
増えるかもなー・・・。





:::





私はなぜか、
『自分の醜い感情を人にぶつけるのは、出来るだけ避けたい』
と、 思ってしまうフシがあって。
それがたとえ、我が子であろうとね。

怒りとか、焦り、嫉妬、競争心、・・・
そういう(しんどい)感情を、人にぶつけてその人を傷つけるのが
好みじゃなくて。

加えて、自分の価値観を、
いっかに刷り込むのを、避けたくて。



私が常識だと思ってること、私が 『よかれ』 と思ってることは
いうなればすべて、
私個人の偏見やから・・・;。
そうした偏見に、いっかを染めたくないなぁ・・ と。
(いっかの可能性を、囲ってしまいたくないなと。)



だから出来れば、いっか自身で、何だって情報収集して。
いっか自身で、取捨選択して。
自分をつくっていってほしいねんけどな。

・・・うん、でもそれは、『ギリギリアウト』 かな!
3歳児に対する対応としてはね、笑。

もちろん、まだビックリするくらい、
何も知らないから。
大人として、先に生きたもの(先生)として、
まずは教えなきゃならないことが
山ほどあるのかもね。


・・ って、
そういう考え方が当ってるのか間違ってるのかさえも
わからない 子育て。
・・ほんま誰か、 『大正解』、
教えてくれへんかなーーー;。。



***



何だってそうだ。 何だって。! ぜんぶ。!
いつもそうだ。
どんな時も。どんな場面でも。

バランスがすべてだ。



この件だってね。私の価値観を刷り込まないように。
でも、大切なこと、必要なことを
彼女が会得できるように。
バランスがすべてかも。


そこに気をつけながら。

残念ながら、
もうすぐ4歳になっちゃうのを 寂しく思いつつ。笑
いっかに歩調を合わせて。
今年もいい秋、迎えよう。




先日、Facebook で回ってきた言葉。

「幸せを手に入れるんじゃない。
幸せを感じることのできる心を、手に入れるんじゃ。」

甲本ヒロトさん。
最高だ(そのとおりだ) な。


いっかが、しあわせ感じることの出来る心を、
手に入れられるように。
最低限、そこにたどり着けるように。

それを手に入れられるような、いっかになってもらおかな。












  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ぎゅうにゅう :: 2012/08/06(Mon)






毎週末、全速力で遊んでるから
いっかと2人で過ごす週日は、かなり動力を落として。
暮らしてます。

とはいえこの暑いさなか、いっかに合せて動くだけでも
重労働。笑



::::::::




今朝、いっかがシュガーフレークに牛乳をかけて食べました。
牛乳パックの側面には、「牛乳が日本を元気にする。」 の文字。
牛乳。 ・・・ ちびっ子の成長に 『かかすな!!!!!』

というのが、
広くひろーーーー く 知られた。常識のひとつか。w
たしかに、カルシウムの吸収率がダントツ!、という理論は
魅力的。^^

小食のいっかの場合、牛乳を飲むことで
比較的簡単に、たんぱく質が摂れるしね。;


私も小さい頃、母から毎日のように、怒られてた。
「飲みなさい;っ!!」  てね。
(母の考え方でいうと、『飲まないなんて、バカか;!?!、』
ていうくらいの、存在だったんだね。牛乳が。きっと。^^)

んやしかしーー・・・。  苦手だったねぇ~。w
独特のニオイのようなものが、強く感じられて。
(自分のカラダが、牛乳を好ましく思ってない感があって。)
苦手だった。



:::



でね、すっかり大人になって、母の手を離れて。(実家を出て。)
目にした本の中で、「 ・・・・・おおーー。 」 という記事を
見つけました。
それはたしか、内科の先生が書いてた本。
なかなか、力強い発言をされる方で。w
「牛乳を飲むなんて、バカじゃないの!?!」
という見解。

(理由はたしか、牛乳(=牛の血液)は人間の血液よりも濃いから
ヒトには合わないぜ;!?!・・・という、内容だったような。
遠い記憶なので、不確かですゞ)


で、どちらかというとその先生の言ってることのほうが
自分にピッタシ合ってて。
だから、 『 ああ。別に飲まなくてもよかったんだな。
(よかったね。 過去の自分♪) 』  と。

牛乳が飲めなくて、しかも背が低かったため、
「いい加減、飲みなさいっ;(怒!」
(飲まないから背が伸びないんだ;!!!!) と。

過去、毎日まいにち、(ほんと毎日;。) 母から叱られていた自分を。
なぐさめることが出来ましたね。笑



:::



・・・で先日。 友人から、
「ウチの母いわく、牛乳よりも豆乳のほうがカラダに良いらしいですよ!」
て話を聞いた。

・・・・・ (ああ、この人は。 この友人のお母さんは。) ・・・・

「 仲間だっ! 」 と。
ちょっと、興奮してしまいましたね。笑
人から直に、そうした意見を聞いたのは初めてだったな! ^^


ま、ね、もちろん、牛乳が好きな人や、
がんばらなくても牛乳が飲める人は、それでまったく問題なしで。
かたや、牛乳が苦手な人もいる。 飲めない人もいる。
そしてその人にも、その人なりの正当性があるんだ、
(=飲めないのが、その人にとっての “普通” なんだ。)

というのが、
世の常識になれば。


お母さんから 「飲みなさい(怒!!!」  とか言われて
窮屈な思いをするチビッ子が。
この世からいなくなるのにね。 笑


・・・んー。 ・・ その場合、
単なる好き嫌いやワガママとの境目(=何を認めて何を認めないか)は
父さん母さんの裁量になるね。 笑




*****





常識には、縛られなければ縛られないほど、
人は自由でいられる。
自由でいるのは、人にとって、心地いいことのひとつで。
しあわせの、ひとつだと思う。 私はね。そう思うタイプ。

社会や親から、植えつけられた常識。 受け継がれた常識。
あるいは、
自分の理想。(=“ああするべきだ、こうするべきだ、
こう在るべきだ!” 、という。主観的な思い。)

それを誰かに押し付けるということは、
それを押しつけられた側の、自由を奪うことで。
相手のしあわせを、奪うことになるかも。



・・・ と、



そんなふうに考える私もいれば。
他の意見の人もいる。 (70億通りくらい。)

広い世の中だ。 ^^













  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
先輩のはなし :: 2012/08/04(Sat)







“ 生きものはみな、自分が傷つけられることを恐れる。 ”


お釈迦さんが残した(といわれる、) 言葉。
深く同意。


でもって、お釈迦さんは続ける。


“ 自分が傷つきたくなかったら、まずはあなたが人を傷つけないことだ ”


ってね。



物心つく頃から、何度も、どこかで、誰かに教えられたこと。
“ 自分がされて嫌なことは、相手にもしちゃいけない。 ”
これだな。





 :::




たまにいるんだ。
平気で、誰かを傷つけられる人。
上記↑↑の事実を、知らない人。


その人は、相手がその人の希望に添えなかったり、
相手がその人の要求に応えられなかったり。
相手に競争心を感じて、 だったり。
なにしろ、相手が、その人の理想や欲に添わない行動をとると

まるで鈍器か鋭利な刃物か;! ・・・という言葉を
惜しげもなく、
相手にぶつけられる。 そういう人だ。


そんな風に傷つけた相手からは、
愛想をつかれるだけだということを。
知らない人。

かわいそうな人。


怒りや嫉妬などの感情から、
自分を律することができなくて。そして、
相手の考えや事情を思いやることができずに。
いとも簡単に、
思慮のかけらもない、 鈍器や刃物のような言葉を
相手に投げつける。
その結果、相手からの信頼や友情、その他諸々を失う。

それも、自業自得のひとつだ。




:::




お釈迦さんは、人から好かれる為の方法の1つとして、
「ペイヤワッジャ」 を挙げている。

スリランカの、あるおじいちゃんがそれを説明している。


“ 腹がたったときでも、相手をけなさないように、
プライドを傷つけないように言葉を選ぶことです。

誰かを叱らなければならないときでも、相手の人格を大事にして、
人間としてのその人の立場を、大事に守りながら叱ります。

自分の子どもであろうが部下であろうが、同じ人間です。
相手が傷つく言葉を使ったら、叱った人のほうが間違っているのです。
誰でも失敗するのですから、失敗を怒ることができる人はいないはず。
怒って叱りつけるのではなく、
「間違いを正してくれて優しい人だ」 と、相手が感謝してくれるように
教えてあげるのです。 ”



逆をいえば、それが出来ない人は
間違っていて。 人から好いてもらえない、 てことだ。




:::



・・・ ただね。 この広い世の中。
いろんな考えの人がいるから。
中には、「別に、誰かに傷つけられたって構わないので、
自分だって、
腹が立ったり嫉妬に狂った時は、それを思う存分、
相手にぶつけても構わない!」

そう思う人が、いるんだろうな。 ・・・たぶん;。笑


だから別に、私は今ここで
『 そのお釈迦さんの教えが、絶対、唯一無二の真理だ! 』
と、主張するつもりは無いのですがね。 まったく。 笑
何が正しくて、何が間違ってるか、実際のところ
それはわかんないし。^^;



ただまあ、この関しては、お釈迦さんと意見を同じくするので。
相手をバンバン、 躊躇なく、傷つけられる人とは、
気が合わないってことで。
縁を切るか、あるいは、
今後、心を許すことなく。ただ丁寧に、その人に接するだけだ。
(その人の逆鱗に、触れないためにね♪)



最近考えていたことを、文字にまとめてみました。
そんな、日記。








* * *  ちなみにね;、(追記;)




お釈迦さんの言葉を集めたもの、つまり仏教は、
「宗教」では、なくて。

私も幼い頃は、てっきり、宗教のひとつだと思ってたけどね。
でも、実は違うんだって。

それは、神さまの話はしない。
ギリシャ神話のようなものでもない。
哲学でも、ない。
少し前に日本で流行った、スピリチュアルな話もしない。一切ね。


ただ、「この世をうまく過ごしていく術。」
お釈迦さんは、ただそれを示しただけだ。
私より、ずっと前に生まれた、ただの人。 先輩で。
自分の心のコントロールの仕方を、よく知ってる人だ。


せちがらい世の中でも、穏やかに、
心地よく過ごせる術があるんだぜ? と。
それを、知ってた人。



だからね。たまに、その先輩の話を参考にさせてもらう。
それだけのことで。
仏教という宗教を盲目的に信じている、とか、
そういう事ではないんだな。 正味。

尊敬できる先輩は、お釈迦さん以外にも、山ほどいるしね。



以上。 「あ、私、仏教徒ではないんです;。」

という、 注意書きでした。   











  1. 思うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
雨なのでお家時間  :: 2012/05/25(Fri)





今日は雨なので。家でねんど遊びしたり
KID'S STATION 観たりして過ごしてます。



一昨日は
だんなさんが外で飲んでくる(晩御飯がいらない)ってことで。
いっかにお弁当を作って、公園に行きました。夕方5時くらい。
まだ陽は高くて、公園は小学生でい~~っぱい。!
大きな公園で、遊具も大規模なので。
小学生がわらわら集まってます。

こんな時間帯に来たことがなかった、いっかと私、
(=朝は、チビッ子とパパママ、
散歩してるじいちゃんばあちゃんのみの。
平和とおだやかさに満ちた公園。笑。)
最初は少し、あっけにとられて。笑


小学3年生くらいかな?、女の子が2人で遊んでました。
・・・ 途端に、頭によぎるのは、

( えーーー・・・っ!?。 ・・てか、
いっかもあとたったの数年で、
友だちとだけで遊ぶようになるんよな。

・・・ (母ちゃん、いらんのよな;??。) ・・ )




「 さーー みーー しーーーーー T_T 。。。。。。 」 




です。 笑 ;





・・・ 短いなぁぁ 。。。  小さい時って。 。



来年からはいっかが幼稚園なので。
最近はそろそろ、前準備を始めましたが。
自分の中で、『自分が幼稚園の頃』って、もうすっかり
しっかり記憶があるんだよな。


いっかは、体が小さめやから余計にかな ;、
しかし 『言葉』 もまだ、あやしげでカタコトな部分が
残りまくりやし。 笑。

まさか、そんないっかが幼稚園とか小学生とか、
そんなに大きくなるなんて。 ・・・


・・・

かあちゃんの意識のほうが 追い付かないぜ ; 。。 。




 * * *





いっかも私も、そしてだんなさんにまで拡がっていた風邪が収束して。
ようやく、昼間は元気に遊べるようになった今日この頃。

とはいえ普段、パソコンにさわる時間もほとんどなく。
いっかの日々をケータイで撮った写真も
この1~2カ月だけで数百枚。 たまる一方。
ブログへのアップはおろか、ファイルの整理すら・・・

いつするんだか、 て感じで。 笑

まあそれは、時間があるかないかというより、
そうした作業をこなす気が
私にないだけの話でも あります。 笑。




古い写真が出てきました。

いっかに白ご飯を出して、一瞬、
キッチンに戻って目を離したその隙。


おぅおぅおぅ;、 (;!!!)  ・・・

「 たった一瞬で よう(=よく)、そんなことになったなぁぁぁ;!!!.... 」


の、 写真です。 笑






GetAttachment2.jpg





GetAttachment3.jpg



GetAttachment5.jpg













  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
合い間あいまの元気な日が幾日あったのかについて考える。 :: 2012/05/12(Sat)





重い鼻水をずるずる引きずっちゃってます。我。笑!
1度、ちゃんと記しておくべきか?、(記念に・・・)

と、何度か本気で考えてしまうほど。
自分が 『普通に体調いい。元気。』 という日が
・・・   少なっ 。 


です;。 笑




3月中頃、じつはインフルエンザにかかっちゃって。先にいっかが。笑
いっかは無事、1日で熱も引いて(ビバ、お薬!!(タミフル)!)
よかったねや;~~、 なんて思うのも束の間

発症。 私もゞ。
でもって やたら、このインフルエンザをこじらせちゃって。
体力がなかったのか、ちょっと運が悪かったのか。
首のリンパに菌が入っちゃった??ようで、炎症。

( このとき、本人の感覚では 「炎上」 に近い。・・ )

陣痛、出産に次ぐか同列、くらいの痛みを経験し。笑
だんなさんの大いなる、大いなる助けを借りて。
( = 有休、使わせてしまつたー・・・・・こんな、
こんなことにーーーーー・・・・...)


( = ・・・・・ どうせ有休使うなら、「沖縄いく」
とかそうゆう
素晴しい系に使ってほしかったーーーーー(涙)ー--。。。笑;。)


 :::


あ、でもインフルエンザも治ったかな~
(ああ、ぼちぼち元気になってきた・・・) と思ったら

いっかが重めの風邪引いて。 4月。
鼻づまりで、上手に息ができなくて、眠れなくて。
夜中、起きるおきる。・・・信じられんくらい起きる。笑
一晩で8回以上起きる事、2週間目。 腸炎も発症。笑。

下痢で24時間、一時たりとも、
オムツが手放せなくなっちゃって。 ・・・
(=自力ではトイレにも行けなくて・・。)

かわいそうだった。  。。。

でもって、その処理済みのおむつは、ニオイが大変なレベルで・・
衛生(菌)にも配慮?して、
すぐに屋外のごみ箱に捨てに行くのですがね。

夜中も。 何度も。 (一晩3回くらいかな・・)

3階の寝室から、1階の玄関外まで。 何度も。

・・・


で、 これを続けてたらすかさず、

満を持して 低血圧、発動。 4月中旬。
いっかの相手で夜中、何度も無理矢理カラダを起こすから。
血圧がひどく混乱?するというか・・・
まったく、血圧が落ち着かず。
日中は激しい気持ち悪さ。倦怠感。 体が起こせない。 ・・・

起こせないものは 起こせない。

日中が、潰れる(何もできない、)つらさ。
育児をする限り、自分の自由は ほ、っっっ、とんど
すべて無い。
んなこたぁ、とっくに受け入れた。
(それが、子どもを産み育てるってことなんだとね;。)

しかし、


日中、すべてがつぶれるつらさ。


家事はおろか。
私にピッタリくっついて、遊ぼうあそぼうとハシャぐいっかに
何もできない。おそるべく不出来な自分。

びっくりするほど失望したくなるけど、
まあ、 それはそれ 。 ;。
低血圧は、自分の生まれ持ったもので。
仕方なしだな。



 ::


ほんとは、自分がどれほどつらいか、カラダが動かないか、
「やりたくても」 出来ないか。
それを周囲の人に理解してもらいたい、わかってほしい、・・

その気持ちは、あるには ある ・・・ てか、あった。


んでもな。
今は、自分にとって1番身近な、
一緒に暮らす上で1番重要な人物である だんなさんが、
私のその不出来さを、認めてくれてるから。許してくれているから。
私のつらさは、随分と、ずいぶんと、
緩和されてる。
出来ない自分を、許せるようになってるゞ




続きを読む
  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。